MENU

防火ネットニュースをご覧になりたい方は、下記より年、月を選んで、最後に閲覧ボタンを押して下さい。
過去のネットニュースもご覧いただけます。


PDFファイルをご覧頂くには「Adobe Reader」が必要となります。 アイコンをクリックすると、 無料で「Adobe Reader」をダウンロードすることが出来ます。
Get ADOBE READER

HOME  > 防火ネットニュース  > 6.【幼少年活動】名護市幼年消防クラブ防火研修を開催ほか〔高崎、美馬西部、館林、湖南〕

防火ネットニュース

6.【幼少年活動】名護市幼年消防クラブ防火研修を開催ほか〔高崎、美馬西部、館林、湖南〕

目次前頁次頁

「平成30年度名護市幼年消防クラブ防火研修」を開催


沖縄県 名護市消防本部

 平成30年11月14日(水)名護市防災研修センターにて「平成30年度名護市幼年消防クラブ防火研修」を開催しました。名護市幼年消防クラブは平成24年に設立し今年で6年目になります。
 名護市の4歳児5歳児を対象に31保育園が加入し、現在1,050名の会員数で主な活動内容は防火研修、火災予防広報活動、消防出初式防火演技となります。
 防火研修は、幼児期から火に対する正しい知識を理解させるとともに、消防に対する認識を深めることを目的としています。
 今回の研修は6箇所にブースを設置、参加園を6班に分け引率者も参加、体験できるよう企画をおこないました。
 第1ブースは、名護市防災研修センターでの防火ビデオ視聴。アニメ映像での火の恐さ、煙の恐さを学び火遊び防止の教育を行いました。第2ブースはテント内でスモークマシンを使用して、煙の中では体を低くし、ハンカチで口を押さえ煙を吸わないよう避難をすること学びました。




 第3ブースは、引率者を対象とし初期消火を目的とした水消火器の取扱い訓練をおこない、第4ブースは、引率者を対象とした、はしご車の乗車体験をおこないました。第5ブースは、消防士さんのお仕事のDVDを視聴し、消防士さん達が普段、火事も含め日頃どのようなお仕事をしているか知ってもらいました。




 第6ブースでは、子供用の救助服、防火服を着て消防車両前で記念撮影をおこないました。
 閉会式では係長の「防火宣言」の合図後、園児全員で「火の用心 私たちは 火遊びを しません」と大きな声で2回復唱し防火研修を終了としました。




このページの上に戻る

「高崎市等広域幼年消防クラブのつどい」を開催

群馬県 高崎市等広域消防局

 昭和59年8月に結成された高崎市等広域幼年消防クラブは、現在高崎市、安中市内44の幼稚園、保育園、こども園が加入しています。
 当クラブ最大の行事である、「幼年消防クラブのつどい」が平成30年11月21日(水)群馬音楽センターにおいて開催されました。




 つどい当日は参加31園の園児や保護者など、総勢1,350人が参加して盛大に行われました。
 全員で声を合わせて「わたくしたちは絶対に火遊びはしません」と誓いの言葉を唱和し、消防音楽隊の演奏に合わせて火の用心のうたを踊りながら歌いました。




 また、防災教室では地震や火災時の初期行動の練習、消防戦隊ファイヤーファイブショーでは、街中を火の海にするため大暴れしていた悪の軍団、カサイダー将軍たちと戦うファイヤーファイブに大きな声援を送りました。
 会場の外では、消防車両や人気キャラクターぐんまちゃんと記念撮影をし、楽しい思い出と共に防災意識の高まった一日となりました。




このページの上に戻る

「つるぎ町半田自主防災委員会・半田中学校少年少女消防クラブ合同研修」を開催

徳島県 美馬西部消防組合消防本部

 平成30年11月25日(日)つるぎ町半田自主防災委員会と半田中学校少年少女消防クラブが合同で研修を行いました。
 この訓練で災害対応の難しさ、普段からの訓練及び災害に対する意識を持つことの大切さを学びました。
 発災すれば誰もが救助者、要救助者になりえるため、起震車を体験したことによって、地震がおこれば体の自由が奪われることの恐ろしさを体感し、まずは自分の命を守ることで精一杯ということが分かったという方が多かったようです。
 災害は、「自助・共助」そして「共助」が成り立たないと乗り切れないと、参加者の方々は意識をもつことが出来たことと思います。







このページの上に戻る

「邑楽町立中野小学校少年消防クラブ大会」を実施

群馬県 館林地区消防組合消防本部

 平成30年11月29日(木)に開催された少年消防クラブ大会は、館林地区消防組合管内23の小学校を対象として、昭和59年から開始され、今回で67回目となります。また、邑楽町立中野小学校においては、平成13年に第1回大会が実施され、今回が2回目の大会となります。
 少年消防クラブ大会の内容は、クラブ役員(児童会代表)の司会のもと、全校児童による防火の誓いに始まり、消防音楽隊の演奏をはじめ消防車両(ポンプ車・救急車)の見学、天ぷら油火災実験の見学、4・5・6年生が参加した各種火災を想定した初期消火訓練(消火器・バケツリレーによる消火訓練)並びに、全校児童が参加した煙体験など火災体験学習を目的とした大会を実施しました。
 当日は、全校児童による避難訓練を実施し、その後に少年消防クラブ大会を実施しました。上州名物の冷たいからっ風が吹く中、寒さに負けず全員が目を輝かせながら訓練に取り組んでいました。最後に夏休みの宿題として提出された、防火ポスターの表彰式を行いました。
 この少年消防クラブ大会を通して、全校児童が火の怖さを理解し、防火に対する意識が高まったものと確信いたします。




このページの上に戻る

消防・警察歳末特別警戒出動式に向日葵会若鮎保育園幼年消防クラブが参加!

滋賀県 湖南広域消防局

 平成30年11月30日(金)、湖南広域消防局北消防署で実施された「平成30年度消防・警察歳末特別警戒出動式」に社会福祉法人向日葵会若鮎保育園幼年消防クラブの25名が参加し、地域の防火と安全を願い、守山市及び野洲市への広報活動に出動する消防車両・警察車両を盛大に見送りました。
 最後に、湖南広域消防局のマスコットキャラクター「ライくん・レイちゃん」、守山市の「モーリー」、野洲市の「どうたくくん」、守山警察署の「けいたくん」との記念撮影を行いました。




このページの上に戻る
 
目次