MENU

防火ネットニュースをご覧になりたい方は、下記より年、月を選んで、最後に閲覧ボタンを押して下さい。
過去のネットニュースもご覧いただけます。


PDFファイルをご覧頂くには「Adobe Reader」が必要となります。 アイコンをクリックすると、 無料で「Adobe Reader」をダウンロードすることが出来ます。
Get ADOBE READER

HOME  > 防火ネットニュース  > 8.【地方からの便り】釧路市で防災ワンデーを開催ほか〔豊田、磐田〕

防火ネットニュース

8.【地方からの便り】釧路市で防災ワンデーを開催ほか〔豊田、磐田〕

目次前頁次頁

防災ワンデー「釧路防災講演会2019」を開催

北海道 釧路市消防本部

 防災ワンデー「釧路防災講演会」は、平成5年1月15日に発生した、釧路沖地震の恐ろしさや被害を風化させないことを目的に毎年この時期に開催しております。
 本年度は、平成31年1月13日(日)アクアベールで開催し、「巨大地震に備える 〜日頃の心構えと 情報で命と暮らしを守る〜」をテーマとして、釧路地方気象台長、橋本勲氏と日本放送協会報道局災害・気象センター長、橋爪尚泰氏をお迎えし、講演をして頂きました。
 橋本勲氏には「巨大地震 その日のために〜正しくおそれ、そして備える〜」と題して地震・津波の発生の仕組みや災害から命を守るための日頃の備えについて、橋爪尚泰氏には「情報で命と暮らしを守る〜NHK災害報道の最前線」と題して、災害報道の使命や現場取材の仕組み、視聴者に行動を起こしてもらうための工夫などをお話していただきました。


橋本勲氏講演 「巨大地震 その日のために〜
正しくおそれ、そして備える〜」

橋爪尚泰氏講演 「情報で命と暮らしを守る
〜NHK災害報道の最前線」

 また、会場内には、災害写真パネルや防災関連用品の展示を行い、来場した市民が興味を持って見学していました。
 参加した市民からは「防災意識が高まった。自分の地域を再確認したい」などの声が寄せられ、講演会は成功裏に閉会することが出来ました。


会場来場者

会場内のパネル展示

このページの上に戻る

「とよた消防フェスタ」を消防出初式と同日開催しました。

愛知県 豊田市消防本部

 豊田市は、平成31年1月6日(日)豊田スタジアムで、市民の消防に対する関心を深め防火意識の更なる高揚を図ることを目的に「とよた消防フェスタ」と「消防出初式」を同日開催し、計5,300人の方が来場しました。
 「消防出初式」は、豊田市消防本部、豊田市消防団、女性消防クラブ員、高校生消防クラブ員、こども消防士、特別参加としてトヨタ自動車(株)が参加し、各団体の強固な団結と士気を披露しました。
 「消防フェスタ」は、はしご車2台で試乗体験、消防車と綱引き、DJレスキュー、消防団員で結成したバンド「THE消防ロッカーズ」の演奏、トーハツ(株)の水陸両用車の展示、豊田TRIKE(株)の自転車展示・試乗、NECネッツエスアイ(株)のVRによる消火体験、(株)大垣共立銀行のOKBレスキュー号、協定を締結している東邦ガス(株)による住警器啓発など、様々な体験や展示コーナーを設け、防災に関する知識を深める1日となりました。


DJレスキューが住警器を啓発

ヴェルブリッツの選手が防火衣を着て、
ミックス競走に参加

 スペシャルゲストとしてトヨタ自動車(株)ヴェルブリッツの選手を招待し、救助服や防火衣を着装してもらい、「消防&ラグビーミックス競走!」を実施しました。消防の活動的なイメージや、9月に豊田市で開催されるラグビーワールドカップ2019™のPRができました。
 中でも、「THE消防ロッカーズ」は、消防団あるあるをテーマにした歌、「I wanna 消防団」「今日から君も消防団」など計7曲を披露し大盛況でした。とよた消防フェスタを通じて、市民ひとり一人の火災予防への思いが、安全安心な豊田市へとつながることを来場者へPRできました。


トーハツ(株)の水陸両用車

THE消防ロッカーズのLIVE

このページの上に戻る

ヤマハ発動機ジュビロのラグビー選手を「一日消防署長」に委嘱


静岡県 磐田市消防本部


 磐田市消防本部では、磐田市消防団とともに春季全国火災予防運動の初日、平成31年3月1日(金)に、ヤマハ発動機ジュビロ(ラグビー)の桑野選手を、「一日消防署長」に委嘱し、火災予防の呼びかけを行いました。
 委嘱を受けた桑野選手は、磐田市消防キャラクターべっくんと磐田市キャラクターしっぺいとともに、駅での街頭広報や市内商業施設での特別査察などを行い、啓発品の配布や声かけ、ラジオ出演などにより防火意識を高める広報活動を行いました。
 桑野選手は、「防火もラグビーも、普段から声を掛け合うなど、コミュニケーションが大切」と危機管理の重要性を呼びかけました。




このページの上に戻る
 
目次